明石木材 株式会社

メッセージ

地図に残る仕事に携われる醍醐味-岩崎 善昭 業務管理部長
お客様のニーズ、気持ちを捉える営業を-髙野 誠 営業部次長
木材の可能性に挑戦し続けます-長谷川 秀和 代表取締役

記憶(きおく)に残る建物(たてもの)に
携われる醍醐味
岩崎 善昭 業務管理部長

当社が請け負うマンション、文教施設、店舗など現場の運営管理を担当しています。設計図、スケジュールに応じて資材の調達、職人の手配を行い、工期内の施工を目指します。

多くの人が出入りする店舗では土足に強い仕様のものを、文化施設などデザイン性の高い案件では、照明との相性を考慮し、コスト面にも配慮したうえで最適な材料を提案・調達。工期内にスムーズに工事が行えるよう、職人の気質、得意分野を見極め、適材適所に配置するようにします。

肝に銘じているのは常に確認を怠らないこと。使用する資材に不備はないか、施工する範囲、加工方法は問題ないか。一つひとつの工程で段取りを確認しながら、現場の進捗状況、仕上がりをチェックしていきます。

そうはいっても現場が計画通りに進むことはめったにありません。資材の調達が遅れたり、前段階の工事が遅れることは日常茶飯事。屋外の工事では天候に左右されますし、常に想定外の事態に対応することが求められる仕事です。

多くの要素が絡む現場では調整する難しさが付きもので、工期中は一時も神経が休まる暇がありませんが、無事仕上がり、お客様から「また次もお願いするね」と言われると苦労した甲斐があったとほっととしますし、職人さんから「効率よく多くの現場で仕事ができた」と感謝される機会もあります。現場監督として、携わった現場が建築雑誌をはじめ、多くのメディアで取り上げられたりすると、記憶(きおく)に残る建物(たてもの)に携わったという醍醐味が味わえます。ぜひ、後輩たちにも多くの記憶(きおく)に残る現場に立ち会えるこの仕事の楽しさを味わってほしいと思います。