明石木材 株式会社

メッセージ

地図に残る仕事に携われる醍醐味-岩崎 善昭 業務管理部長
お客様のニーズ、気持ちを捉える営業を-髙野 誠 営業部次長
木材の可能性に挑戦し続けます-長谷川 秀和 代表取締役

お客様のニーズ、
気持ちを捉える営業を
髙野 誠 営業部次長

現場管理を十年近く担当した後、営業部へ異動となり、現在は地場ゼネコン、関東一円の工務店を中心に体育館などの文教施設、マンションリフォームの新規床工事の受注に向け、日々営業活動を行っています。受注後、予算内での工事を現場監督に託すまでが仕事です。

現場には頻繁に顔を出し、材料メーカーや職人さんとの交流を深め、現在当社が進めている工事の感触をつかんでおきます。事前に工事情報を入手し、工事が決定したらすぐ営業に向かえるように準備しておくことも不可欠です。

長年の現場での経験や、先輩やメーカーからの情報を基に、必要な資材、職人の人数などを想定したうえで、他社より安い見積もりを提示することを心がけています。設計図に無理がある場合には指摘することも施工店の役目だと考えています。

創業者である前会長の商談に同行するなかで仕事の進め方を覚えていきましたが、その中でよく言われたのが「あいさつはきちんとしろ」「お客様の気持ちをつかめ」ということ。この言葉をしっかりと胸に刻み、お客様の信頼を得るべく、要求に応えていきたいと思います。

体育館やマンションの工事など、場合によっては命に関わることもあるので常に緊張感が求められる仕事ですが、仕上がったときは充実感がありますね。趣味のスポーツで、当社が工事に携わった体育館を使うときには親近感が沸きます。

今後は文教施設の改修やマンションのリフォームの営業に力を入れていきたいと考えています。メーカー、職人さんたちと協力しながら、これからもお客様のニーズに最適な床工事を提供していくことを目指します。